Rice and Roots: Exploring the Cultural Essence of Hida

お米炊き動画

Cooking Rice

At SUKIYA-zukuri Suehiro, we want you to enjoy the core part of this culture. The rice might taste better or worse than you expect, and your view of the rice paddies surrounding the town of Hida Furukawa might change a bit.

We used to share the homemade rice produced by our family with the guests at SUEHIRO. However, as my children grew and our rice consumption increased, the amount available to share decreased. Therefore, we now share or buy rice from local farmers in Hida. Please forgive us!

Characteristics of Japanese Rice

Japanese rice is characterized by its strong stickiness and chewy texture. It has a subtle flavor, allowing one to taste the original flavor of the rice. Japanese rice grains are short and round, resulting in a fluffy cooked rice.

Rice is commonly cultivated in paddy fields utilizing the cool climate and abundant water resources, and the milling technology is advanced. This leads to the production of high-quality rice. In other countries, differences in climate, soil, and cultivation techniques seem to affect the characteristics of rice.

Rice Cultivation and Japanese Culture

Unlike the double cropping of rice in other parts of Asia, Japan’s rice cultivation aims for one harvest per year, reflecting the very essence of Japan’s natural landscape.

Being an agrarian nation, especially in rural areas, much of Japan’s culture and values have been influenced by rice cultivation. It seems like the diligence, concept of time, and customs, even seen in Tokyo, carry the DNA of influences from rice cultivation.

Setting aside the complexities, try cooking and tasting the rice for yourself.

今日は、特に私たちの生活に深く根ざす食文化に焦点を当て、地元飛騨で愛情を込めて育てられたお米についてお話しします。

日本米の特徴

日本のお米は、粘りが強く、もちもちとした食感が特徴です。日本の米は味が淡白で、米本来の風味を感じることができます。日本の米は粒が短くて丸みを帯びており、炊き上がりがふっくらとしています。

冷涼な気候と豊富な水資源を利用した水田での栽培が一般的で、精米技術も高度です。これにより、品質の高い米が生産されます。他の国々では、気候や土壌の違い、栽培技術の差が米の特性に影響を与え得るようです。

稲作と日本の文化

アジアの他地域の二毛作の稲作と異なり、1度の収穫を目指し1年間かけて生産をおこなう日本の稲作は日本の原風景そのもの。

農耕民族であった日本、特に地方の文化や価値観は、稲作から影響を受けていると言える部分が多くあります。勤勉さや時間への観念、風習など東京に行っても行動様式のDNAには稲作からの影響があるような気がします。

難しいことは、おいておいて一度ご自身で炊いて、食べてみてください。

お米を炊く

SUKIYA-zukuri Suehiroでは、そんな文化のコアの部分を楽しく体験して欲しくご提供しています。思ったより美味しかったり、不味かったり・・・飛騨古川の街を降り囲む田んぼの見え方が少し変わるかもしれませんね。

かつて、私たちの家族でつくった自家製のお米をSUEHIROのお客様と分かち合っていました。しかし、私の子どもたちが成長し、お米の消費量が増えるにつれ、分ける量が少なくなってしまいました。そこで、今は地元飛騨の農家からお米を分けてもらうか購入するお裾分けしています。許してね!